カテゴリ:わんくらの独り言( 23 )
ビーフジャーキー
a0223471_17502549.jpeg
今回はビーフジャーキー制作
わんくらのプー達はい〜匂いがしてきてソワソワわくわく

a0223471_17513007.jpeg
完成‼️
おいしくできました

by wanko-to-kurasou | 2018-06-19 17:49 | わんくらの独り言
保護犬のお話し
犬を家族として迎える
ペットショップ?
ブリーダー?
今はインターネットで好みの犬が探せる時代ですね

保護犬て知っていますか?
ブリーダーの崩壊や育犬放棄
色々な事情があり保護された犬猫達のシェルターです
専属スタッフ以外はボランティアの方々のお手伝い
運営はほとんどが寄付で賄われています
仔犬から10歳過ぎの子達
みんながお家を求めています
クリスマス、お正月を家族と過ごせたら幸せですよね

持病のある子もいます
歳をとった子もいます
でもこの子達にはなんの罪もありません
スタッフはどの子にも愛情たっぷりです
素敵な優しい里親さんが見つかるまで大切に育てています
だから里親さんに譲る時にはたくさんの条件があります
二度と寂しい思いをしないように幸せな人生を過ごせる為の約束です

仔犬は可愛いです
でも保護犬を迎えるのも選択肢の一つに
加えてはもらえないでしょうか
ワンコさん
みんなが幸せになって欲しいと思うわんくらです


by wanko-to-kurasou | 2018-01-05 00:36 | わんくらの独り言
モデル犬
わんくらの友人のブリーダーさんの娘さんがトリマーの勉強中でモデル犬を探してるの〜と相談を受けまして
わんくらと30年来の友人でショードックのブリーダーさんを紹介することに

a0223471_00281791.jpg
a0223471_00282942.jpg
これは生後3ヶ月の頃

そして現在は。。。
a0223471_00293245.jpg

a0223471_00295717.jpg

目の保養ですね
良い犬は性格、構成、毛量、毛質
もちろんお顔も大事です

毎日のお手入れとトレーニングが大切
頑張ってねみーちゃん

by wanko-to-kurasou | 2017-08-29 00:26 | わんくらの独り言
ゴールデンのハナちゃんのお話し
これはわんくらの友人とゴールデンのハナちゃんが虹の橋を渡るまでのお話しです

もうずいぶん前のお話しです
友人はそれまで小型犬しか飼った事がなくその頃、人気犬種だった大型犬ゴールデンの女の子を家族として迎えることになりました
訓練がいらない一般家庭でも飼いやすいという事でゴールデンに決めました

お目々がパッチリで愛くるしい仕草の女の子はハナちゃんと名付けられました
ハナちゃんはとても賢く色々な事をすぐに覚えました
毎朝お父さんに新聞をくわえて持ってきたり、ごはんの時には自分の食器を運んできたり
ハナちゃんとの毎日はとても楽しい日々でした

その頃、大型犬の寿命は10年と言われていました
9才を過ぎた頃から大好きだったボール遊びも長い時間はしなくなりました
日中は寝ている事が多くなりのんびりと過ごすハナちゃん
それでも毎朝お父さんに新聞を届ける事は忘れません
10才を過ぎた頃からハナちゃんに変化が現れました
突然ウロウロと歩き回ったり夜中に鳴くようになりました
朝晩のご飯が食べ終わっても欲しがるようになりました
困った友人は獣医さんに相談しました
お腹も壊してない食欲も元気もある
ただ日常の行動がおかしいと
獣医さんは言いました

ハナちゃん良い歳の取り方をしてますね
家族に大切にされていますね
ハナちゃんは歳をとったんですよ
加齢よる行動です

友人は安心したのと同時に少し寂しくなりました

それからしばらくしてハナちゃんは食器をくわえてご飯の催促をする事が多くなりました
若い頃は可愛いと思っていた仕草が段々と辛くなってきました
なんでこんな事を教えてしまったんだろう
ハナちゃん
ご飯はもう食べたんだよ
ごちそうさまだよね
それでもハナちゃんは食器を持ってきてお座りをします
友人は悲しくせつなくなりました
獣医さんに相談して食事の量を減らして回数を増やす事にしました

1年が過ぎた頃ハナちゃんは夜中に鳴くようになりました
しばらく様子を見ましたが友人はハナちゃんの隣で寝るようにしました
ハナちゃんが鳴き始めると隣で背中をトントンしてあげるとおとなしく寝てくれたそうです

お別れは突然やってきました
その日もハナちゃんはご飯を食べていつも通りのんびりと過ごしていました
家族に頭を撫ぜられて目を細めて嬉しそうにしていました
ふかふかのベッドに横たわり最後に一言吠えて旅立ったそうです
ハナちゃんはたくさんの思い出を友人家族に残して虹の橋を渡って行きました

犬を飼うという事
それはたくさんの約束を犬と交わす事です
愛情
ご飯
予防注射
たくさんの約束です

私たちは可愛い小さな家族が虹の橋を渡るその日までその約束を守らないといけません
小さな子犬はやがて歳をとりできない事が増えてきます

どうか皆さん
旅立つその日まで愛し続けてあげて下さい
犬を飼うという事
もう一度よく考えて下さい

わんくらからのおねがいです






by wanko-to-kurasou | 2016-09-16 22:55 | わんくらの独り言
シニア犬のケア
こんにちわ
わんくらです

先日14才6ヶ月のミニチュアダックスの家族の方から相談を受けました
狂犬病ワクチンを受けに動物病院に行ったら気になる初見があるから検査をしませんか?と言われクッシング症候群と診断されたそうです

クッシング症候群は副腎皮質ホルモンが過剰に分泌されたり、また過少分泌だったりする病気です
8才過ぎの中高年のワンコさんに発症する事が多い病気です
体毛が薄くなる
お水をたくさん飲む
オシッコの回数、量が多い
腹部が膨らむ

個体差はありますが大抵の子は食欲もあり元気なので気が付きにくい病気ですね
血液検査、エコー、投薬など治療費が高額になる事から途中で治療を断念する家族も少なくないです

相談されたダックスのご家族も初回3万円ほどかかったそうです
週1回の通院
朝イチで預けて夕方のお迎え
お金も手間もかかります

そしてこの病気は完治が難しい
治療を続けなければなりません

ダックスのお母さんは決してお金の問題で悩んでいるのではありません
14年以上も大切に過ごしてきた大事な家族だから悩んでわんくらに相談してこられたんです

2年ほど前に子宮蓄膿の手術を受け、抜歯をしましたがそれ以外は元気に過ごしてきました
今ももちろん元気です
高齢ですから寝ている事が多くなってきましたが、ご飯もよく食べて名前を呼べば可愛く反応してくれます
お家に居ればマイペースでのんびりとした日常を過ごしています
ですが治療では動物病院に1日預けられ血液検査を受けます
どちらがこの子にとって良いのだろうか?
不安になりますよね
現状のまま生活する
治療を受ける
どちらを選択しても家族は後悔します
でもそれは違います
ワンコは私たちと同じで生まれた時に自分の時計を持って生まれてきます
大切なのはその時間の過ごし方です
家族がどちらを選択したとしてもそれはその子の時間なんです
たくさん心配してなやんで考えてだした選択です
負い目を感じたり後悔したりしないで下さい

家庭犬の平均寿命は13.3才と言われています
わんくらは13才を過ぎたら天使の時間だと思っています
ワガママ言ってもいいよ
ママの事アゴで使ってもいいよ
たまにトイレを失敗しても仕方ないね
たくさんはあげられないけどオヤツ食べようね
楽しい事たくさんしようね
大切な小さな家族が虹の橋を渡るまでの心の準備をする時間
それが天使の時間だとわんくらは思います


by wanko-to-kurasou | 2016-06-13 22:43 | わんくらの独り言
ドラミちゃん
こんにちわ
わんくらです
a0223471_12135803.jpeg
ドラミちゃん
トイプードル
4月5日で8才になりました
この子は去年の9月にわんくらの友人の家に里親さんで嫁いだ子です
わんくらと長〜いお付き合いのトイプードルのブリーダーさんの所に居た女の子ですが性格が可愛くてぜひぜひ一般家庭で可愛がってもらいたいと思い紹介したところ、ご家族で快く迎えて頂きました
ブリーダーさんも一生ワンコを面倒見る方なのですがわんくらの紹介なら大切にしてもらえるだろうと手放してくれました
お世話した時には7才でしたのでけして若い子ではありませんでした
新築のきれいなお家
トイレトレーニングから始まり避妊手術
パパ、ママと3人のお子さんみんなでドラミをそれはもう大切に可愛がってくれています
パパさんはパパ友と写メの送り合い(笑)
昼間は20畳の陽当たりの良い床暖リビングで、夜はご夫婦と一緒にベッドで寝ています
ドラミは幸せな毎日を過ごしています

犬を家族として迎えるという事
仔犬を迎える方が大半だと思いますが、こんな形もあります
大切なのはファミリー愛だとわんくらは思います
たくさんのワンコが幸せな時間を家族と共有出来ることをわんくらは願っています

by wanko-to-kurasou | 2016-05-20 18:40 | わんくらの独り言
ハロさん病院へ行く⑦
ハロさんが治療を始めてから結構時間が経ちました
正直ハロの結石は解けないのかな?
なんて思い始めてましたが・・・
ハロの最後の結石が解け始めました
やった~!!
抗生物質の投与もストップして経過観察
血尿もすっかり無くなりましたよ
この後は療法食で様子を見ます


そして!
そして!!
大変なんです
今回は・・・
チョビも病院へ行く!!なんです
娘と肉まんを作っていてちょっと目を離したすきにチョビが蒸す前の肉まんに皮を
パクっと食べちゃったんです
その日は何事もなくご飯も食べて元気にしてたんですが・・・
次の日のお昼頃から嘔吐して元気もちょっとないような・・・
急いでコトー先生の診察を受けに行きました

チョビが食べちゃったののは一次発酵したパン生地だったんですけどね
パン生地ってワンコが食べると危険なんですって
お腹の中で発酵しちゃうそうです
チョビは点滴を受けて帰って来ました
点滴をしたところが気になるらしく帰宅してしばらく落ち着きがなかったのですが
嘔吐もとまりおとなしくなりました
その日の夕飯は抜き
ごはん大好きなチョビさん
ハロとユメが食べてるのを見て欲しがって大変
次の日からはすっかり元気になりました

これからはパン作りをする時には気をつけなくっちゃ!!
ごめんねチョビ
by wanko-to-kurasou | 2015-06-04 18:42 | わんくらの独り言
ハロさん病院へ行く⑥
嬉しいお知らせです
なかなか解けなくて残っていた最後の結石がやっと解け始めました
前回のエコーで1cmくらいあった結石が半分くらいに小さくなっていました
抗生物質の注射と療法食で良くなりました
乳酸菌サプリJINも続けています
まだ時々血尿はしますが元気です
今日も抗生物質の注射をしましたが次回からは経過観察になるかもです(^^)
コトー先生いつもありがとうございます
a0223471_13104313.jpg


by wanko-to-kurasou | 2015-05-05 13:04 | わんくらの独り言
3プー病院へ行く
こんにちわ
わんくらです

今日は3プーを連れてドルフィンアニマルクリニックに行って来ました
ハロはキャンペーン(¥3175)の血液検査・フィラリア検査・狂犬病ワクチン
ユメはフィラリア検査・狂犬病ワクチン
チョビはフィラリア検査・狂犬病ワクチン

3ワンともフィラリア検査は陰性でした・・・ヨカッタ
お薬をもらってお会計・・・¥21669

4月14日まではフィラリア検査が早割で半額の¥772
お得ですよね

ハロの血液検査も通常だと生化学検査で¥8000~¥10000くらい
ハロは膀胱結石治療中なので腎機能が心配だったからついでにお願いしちゃいました

この頃クルマで外出するのが病院ばっかりのハロさんはドライブあまり喜ばない・・・
ユメ&チョビはクルマに乗ってわくわく

残念!!
今日はチックンでした

予想通りチョビは注射の時に
「痛い!!」って騒ぐし・・・
まったくこの子ときたら。。。

今回、想定外だったのはハロの膝関節のパテラーが思わしくなかった事
ステージ2からステージ3になりつつあるとの事でした
経過観察して現状維持だったら様子を見て進行するようなら外科手術
ハロはまだ5歳なのでこの先の彼女の生活を考えると手術も考えないとです

a0223471_19295120.jpg

by wanko-to-kurasou | 2015-03-27 19:30 | わんくらの独り言
ハロさん病院へ行く⑤
こんにちわ
わんくらです

ハロさん前回クリニックの尿検査で膀胱炎の所見があるとの事で
抗生物質を処方されまして・・・
初めの時に処方された抗生物質はお腹がゆるくなってしまったので
違うお薬を出してもらいました

が!!
またまた体調不良に!!
お薬を飲んでから食欲不良になり嘔吐してしまいました
はい
また診察を受けに行って来ました

お薬が合わなかったか処方食が合わないのか・・・
その場合は一般食にしてサプリで様子を見るとの事
大丈夫かハロ!!

わんくらは取り合えずお薬と処方食をやめてアガリスク+JINで様子を見ることにしました
2週間後の診察で改善されてるといいな
by wanko-to-kurasou | 2015-03-24 19:11 | わんくらの独り言